鮨はたけやま

2017.12.12に新潟市古町に開店した寿司屋の女将ブログ

お店のロゴについて

f:id:hatakeyama1981:20170910122124j:image

こちらが鮨はたけやまのロゴマークになります。

 

香港在住の有名な書道家の先生に書いて頂いたものです。

 

ロゴマークはお店の雰囲気を伝えるのにとても重要なアイテムだと以前から考えていました。

 

ですので妥協することなく、丁寧に作成したいと思っていました。 

 

ご縁あってこちらの書道家の先生をご紹介して頂き、まさに自分の理想ぴったりの書を書いて頂くことが出来ました。

 

「はたけやま」の文字の下のマークは五三の桐ですね。

畠山家の家紋です。

 

五三桐の家紋は全国的にとてもメジャーな家紋で、この紋を使っている家は非常に多いそうです。

 

「五三の桐」の家もとをたどれば皇室の紋章で、皇室以外で初めてこの家紋を使ったのは織田信長と言われています。 

 

室町幕府最後の将軍、足利義昭からこの家紋を譲り受けたそうです。

 

足利義昭織田信長の力を借りて将軍になったこたから、そのお礼としてこの家紋を与えたそうで、織田信長から豊臣秀吉へ、豊臣秀吉から家臣へと与えられ、五三の桐はどんどん広まっていったとのことです。

 

由緒あるルーツに恥ずかしくないよう、このロゴマークを看板に精進していきたいと思います。